何を贈るか迷う|結婚内祝いは社会人として大事なギフト【チョイス方法とトレンド】

結婚内祝いを贈る際に迷ってしまう人必見!マナーやタブーについて

何を贈るか迷う

花を持つ人

誰に贈るもの?

結婚して挙式をする際には、全ての友人や親戚を招待できるわけではありません。そういった挙式や披露宴に招待できなかった人に対して、結婚内祝いを贈るのですが、「失礼に当たることはしたくない」と誰もが思うはずです。贈る人がたくさんいる場合はリスト作成をするなど、万全を期して準備を行なわなければなりません。

刃物は禁物

結婚内祝いには割れ物や刃物は厳禁とされています。そのため、包丁やナイフなどは絶対にあげてはいけません。「縁を切ります」という意味合いが含まれてしまうためです。しかし、割れ物であってもマグカップやガラス製品はよく贈られています。この場合、丈夫なものや高級なものであれば贈っても大丈夫なのです。

トレンドを調べてみるのもOK

昔は内祝いに餅を贈るのが習慣だったといわれていますが、今では餅はあまり贈られないです。こういった時代によって流行り廃りがあるため、今はどんなものが贈られているのか相場を調べても良いでしょう。雑誌やインターネット、ギフト専門店のホームページなど様々な情報があるので、事前にこういった情報に目を通してみることが大事です。

カタログギフトが流行り

近年の結婚内祝いで何が贈られたのかを調査した結果によると、カタログギフトを選んだ人が多かったようです。カタログギフトは価格帯が設定されていて、その中から好きな商品を選ぶことができるので贈られた人にも人気です。

一番困ってしまうときの対処法

結婚祝いの品の価値が分からないので半返しできない

結婚祝いのお返しに贈る結婚内祝いといえば半返しやもらったご祝儀の三分の一の値段と同等価値のものを贈るというのがマナーですが、これは必ずしもそうしなければならないわけではありません。皆さん3000円程度のものを贈っているようです。

広告募集中