お返しについて知ろう|結婚内祝いは社会人として大事なギフト【チョイス方法とトレンド】

家庭内のお祝い事

家庭は閉ざされた世界ではなく、社会と密接につながっています。そのため、お祝い事があれば周囲の人にお知らせし、贈り物をすることが習慣となっています。今では内祝いといえば「お返し」の意味合いがありますが、何かもらわなくても贈るものなのです。

出産内祝いで現在人気の商品ランキング

名入れギフト

子供が生まれたときには名前を知らせることになります。内祝いの品物に名入れをすることで、子供の誕生を知らせることができるため、このサービスが人気になっているのです。巻紙に名入れをした紅白うどんは大変人気があります。

おやつのアソート

ちょっとつまめる袋入りのお菓子は大変人気です。クッキーアソートであれば置いておける期間が長いという利点もあります。しかも小分けの袋に分けられているということは、いろんな人が気軽に食べられるという点で人気になっているのです。

タオル

出産祝いで贈られて嬉しいものがタオルですが、内祝いでももらうと嬉しいものとして挙げられています。特に今治タオルのようなブランドになっている品質の良いタオルだと長く使えますし使っていて心地よいので贈り物には最適だといえます。

お茶セット

贈るものを考えることは大変ですので、誰でも喜ぶお茶セットは贈り物の定番になっています。出産内祝いであれば、名入れの熨斗も缶に巻きやすくなっています。高齢の方にも喜ばれる品物となっていますが、紅茶なら若い人にも多く嗜む人がいます。

お返しについて知ろう

プレゼント

出産内祝いの意味

内祝いは家庭内でお祝い事があったときに周囲の人やお世話になっている人に渡すものですが、結婚内祝いとはまた違った様相の贈り物になるので注意しましょう。水引きは蝶結びになりますが、結婚内祝いでは蝶結びは「何度も結び直せる」という意味合いが生じるのでふさわしくありません。そして、ご祝儀などでは差出人の名前を水引きの下に書き込みますが、出産内祝いの場合は子供の名前が書かれます。

前もって準備しておくと後から楽

出産内祝いは出産後通常一ヶ月以内にお渡しするというマナーがあります。しかし、出産後一ヶ月というとまだお腹や身体の痛みもとれませんし、様々な手続きで両親ともに大変な時期です。そのため、前もって出産前からどんな贈り物にするのか考えておくのも良いです。友人への贈り物は金額が半返しと決めやすいので、通販サイトなどで確認しておきましょう。

健やかに育って欲しいという意味合い

出産内祝いと結婚内祝いでもタオルはよく贈られる品物となりますが、出産内祝いにはより健康に育ってほしいという願いが反映されたものになります。その意味でいうとタオルは身体を清潔な布で拭くというように、健康と結び付けられるのです。また、バウムクーヘンもよく選ばれる品物となりますが、これは大木のようにすくすく育つ意味が含まれるため選ばれるのです。

広告募集中