結婚内祝いにメッセージカードを添えることで思いが伝わる

ギフトの醍醐味

自分で自分の好きなものはよく分かっています。しかし、ギフトの醍醐味といえば「自分では買わない物がもらえて、しかもそれがずっと追い求めていたものだった」という品物を見つけられることです。贈る側もそういった要素を意識して選びたいものです。

良い贈りものを選ぶにはコツがあるのです

贈り物

食べて楽しいグルメギフト

ギフトには高級感のあるグルメが用意されていることが多いです。肉や燻製物、ワインなどの嗜好品を贈るのに結婚内祝いはぴったりなのです。また、上司や友人など、贈る人が変わるごとに品物を変える際のコツも知っておきましょう。

READ MORE
プレゼント

お返しについて知ろう

出産内祝いを周囲の人に贈るのは、昔からの習慣になっています。お返しのマナーを知っておくことで、より周囲の人に失礼のない贈り物ができるでしょう。この際、水引きの選び方には気をつけて、選ばれている商品もチェックしておくと良いです。

READ MORE
花を持つ人

何を贈るか迷う

家庭の中でめでたいことがあった場合、その対応でバタバタしていることもあるかもしれません。そういったときに誰に贈るべきか忘れないようにするためのコツもあります。また、迷ってしまったときの対処法も伝授します。

READ MORE
ギフト

印象に残るものにしたい

できるだけ人と違った贈り物をしたいけれど、どうやって贈り物を個性的な贈り物にするのか迷ってしまうという人!そんな人はテーマを作って贈り物を選ぶといった工夫をすると良いです。紅茶をテーマにしても色んなパターンが見つけられます。

READ MORE

工夫一つで印象的なものにできる

感謝されてしまいました

結婚内祝いでお世話になっている人に贈り物をしたのですが、少し高級なワインを贈りました。普段嗜好品は頻繁に買う人ではなかったため、「自分ではなかなか買わないものなのでありがたい」と逆に感謝されてしまいました。

[PR]

結婚内祝いにサプライズ演出をしよう
さまざまなサービスを提供している通販サイトを要チェック! 喜ばれるカタログギフト特集ランキングを参考にできる!

カタログギフトが話題

女性

苦労して選んだのに…

結婚内祝いといったギフトなのだから、頭をひねって苦労して選んだ品物の方が喜ばれるように感じてしまうかもしれませんが、案外そういった品物だともう既に家にあるものだったり、あまりその人が好きではなかったりするものもあります。そうなるとせっかくチョイスしたのにその苦労が水の泡になってしまいます。

カタログでも心は込められる

ではカタログギフトにすればその人が喜ぶ商品を自分で選ぶことができるため、苦労もしないので一石二鳥です。カタログギフトだからといって心がこもっていないと気にする必要もありません。水引きや名入れ、ラッピングなどが凝っているカタログギフトのお店もありますし、その人の家族構成とカタログの内容がバッチリ合うことで「助かる贈り物をくれた」と印象を強くすることも可能なのです。

[PR]

広告募集中